• 日本語 ▾
  • 스토리

    docter
    background
    何かおかしい
    生命工学研究所「ベロボーグ(BELOBOG)」に潜入し、ターゲットを素早く仕留めて帰還する。

    そういう計画だったはずだ。

    しかし、目の前に広がったのは建物の至る所に

    潜んでいる他のキラーたち、

    奇怪な姿のクリーチャー

    クリーチャーの体から転がり落ちた不思議な

    模様のコイン。

    コインに刻まれた文字にどこか見覚えがあると

    思った瞬間、

    「楽しいパーティーにようこそ、キラーの皆様」
    スピーカーから声が流れてきた。

    「ルールは簡単です。生き残るために、

    お互いを殺すのです。

    最後の一人が残るまで、このパーティーは

    終わりません」

    頭の回転が速いキラーたちが咄嗟に銃を構え、

    引き金を引く。あっという間に、
    研究所は修羅場と化した。

    「最後まで生き残った者には私に会う権利を

    あげましょう。

    あなたを招待した理由が知りたいなら、

    はたまた私を殺したいなら…生き残ることです」
    Dead Cide Club ⓒ Press.A Corp.All Rights Reserved. DEAD CIDE CLUBはPress。Aで開発および提供します。すべての商標および著作権、ロゴはPress.A所有の資産です。
    PRESS.A