デヴシスターズの新作『DEAD CIDE CLUB』、映像初公開

  • デヴシスターズ(株)(共同代表 イ・ジフン、キム・ジョンフン)の開発子会社Press.A(代表 チョン・ヒョク)が開発中の新作ゲーム『DEAD CIDE CLUB』を来たる14日初公開に先立ち、ファーストルック・インビテーション(First look invitation)映像を公開した。

    公式YouTubeを通して公開されたファーストルック・インビテーションは、正体不明の女性が登場しプレイヤーを『DEAD CIDE CLUB』に招待するところから始まる。最後まで生き残った者は莫大な賞金がもらえるとのこと。映像は、本作がゲームを楽しむユーザーなら誰でも簡単に遊べるカジュアル・バトルロイヤルのガンシューティングジャンルであることを暗示する。その後、本作だけの特別なルールが述べられ、謎めいた雰囲気を醸し出す。

    『DEAD CIDE CLUB』の舞台となる生命工学研究所ベロボーグ(BELOBOG)の姿も明らかに。映像の中の女性は、このマッチに参加した他のキラーたちやベロボーグに潜む奇怪なモンスターの存在を語り、過酷な戦場になることを予告した。そしてすべてが始まったのは15年前のある日——その日の不可解な出来事を回想しながら映像は終わる。

    本作の世界観に登場するベロボーグは、最高峰の生命工学研究所に急成長した研究所で、ベロボーグに関する真相は徐々に明らかになるだろう。

    『DEAD CIDE CLUB』の斬新なコンセプトとストーリーは、今月14日デヴシスターズの全世界に向けた最初のオンラインショーケース「DevNow」にて公開される。まだ一度も公開されたことのないゲーム映像も披露する予定だ。

    『DEAD CIDE CLUB』は、そびえ立つ都会のビルの中で一時も油断ができない心理戦を繰り広げて戦う横スクロール型のガンシューティングゲームだ。デヴシスターズが2022年に披露する最初の新作で、今年半ばからPCおよびコンソールプラットフォームにてグローバルリリースを目標にしている。

    ファーストルック・インビテーション映像は、世界中のユーザーとのコミュニティーのために開設された『DEAD CIDE CLUB』公式YouTubeにて視聴できる。『DEAD CIDE CLUB』に関する詳細な情報はグローバル公式Twitterにて確認できる。